ドル円予想 2020、2021、2022


ドル

今日のドル円

最新のドル円為替レート 105.56円。日の範囲の 105.20 - 105.70円。前日 105.40円。前日比 +0.15%。

明日、今週、来週、今月のドル円為替予想

ドル円為替予想 (日別)

曜日 最低 為替 最高
9月28 104.23 105.82 107.41
9月29 104.27 105.86 107.45
9月30 104.66 106.25 107.84
10月01 104.93 106.53 108.13
10月02 105.29 106.89 108.49
10月05 104.84 106.44 108.04
10月06 104.77 106.37 107.97
10月07 104.23 105.82 107.41
10月08 104.06 105.64 107.22
10月09 103.52 105.10 106.68
10月12 103.51 105.09 106.67
10月13 103.43 105.01 106.59
10月14 103.77 105.35 106.93
10月15 103.42 104.99 106.56
10月16 103.43 105.01 106.59
10月19 103.62 105.20 106.78
10月20 103.50 105.08 106.66
10月21 103.65 105.23 106.81
10月22 103.87 105.45 107.03
10月23 104.30 105.89 107.48
10月26 103.08 104.65 106.22
10月27 103.68 105.26 106.84
10月28 103.26 104.83 106.40
10月29 103.83 105.41 106.99

9月28日(月曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.82、 最高 107.41、最低 104.23。 9月29日(火曜日)のドル円予想: 為替レート 105.86、 最高 107.45、最低 104.27。 9月30日(水曜日)のドル円見通し: 為替レート 106.25、 最高 107.84、最低 104.66。 10月1日(木曜日)のドル円予想: 為替レート 106.53、 最高 108.13、最低 104.93。 10月2日(金曜日)のドル円見通し: 為替レート 106.89、 最高 108.49、最低 105.29。

第一週 10月5日(月曜日)のドル円予想: 為替レート 106.44、 最高 108.04、最低 104.84。 10月6日(火曜日)のドル円見通し: 為替レート 106.37、 最高 107.97、最低 104.77。 10月7日(水曜日)のドル円予想: 為替レート 105.82、 最高 107.41、最低 104.23。 10月8日(木曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.64、 最高 107.22、最低 104.06。 10月9日(金曜日)のドル円予想: 為替レート 105.10、 最高 106.68、最低 103.52。

ドル 円 リアルタイム。

豪ドル 円 予想 2020、2021、2022-2024。

第2週 10月12日(月曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.09、 最高 106.67、最低 103.51。 10月13日(火曜日)のドル円予想: 為替レート 105.01、 最高 106.59、最低 103.43。 10月14日(水曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.35、 最高 106.93、最低 103.77。 10月15日(木曜日)のドル円予想: 為替レート 104.99、 最高 106.56、最低 103.42。 10月16日(金曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.01、 最高 106.59、最低 103.43。

第3週 10月19日(月曜日)のドル円予想: 為替レート 105.20、 最高 106.78、最低 103.62。 10月20日(火曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.08、 最高 106.66、最低 103.50。 10月21日(水曜日)のドル円予想: 為替レート 105.23、 最高 106.81、最低 103.65。 10月22日(木曜日)のドル円見通し: 為替レート 105.45、 最高 107.03、最低 103.87。 10月23日(金曜日)のドル円予想: 為替レート 105.89、 最高 107.48、最低 104.30。

第4週 10月26日(月曜日)のドル円見通し: 為替レート 104.65、 最高 106.22、最低 103.08。 10月27日(火曜日)のドル円予想: 為替レート 105.26、 最高 106.84、最低 103.68。

ドル円変換

=


ドル円予想 2020、2021~2024年

最低 最高 終値 総変更%
2020年
9月 103.94 107.84 106.25 0.4%
10月 103.08 108.49 106.87 1.0%
11月 105.26 108.46 106.86 1.0%
12月 103.21 106.86 104.78 -1.0%
2021年
1月 103.40 106.54 104.97 -0.8%
2月 104.04 107.20 105.62 -0.2%
3月 103.63 106.79 105.21 -0.6%
4月 103.10 106.24 104.67 -1.1%
5月 102.81 105.95 104.38 -1.4%
6月 102.50 105.62 104.06 -1.7%
7月 101.76 104.86 103.31 -2.4%
8月 103.14 106.28 104.71 -1.0%
9月 103.24 106.38 104.81 -1.0%
10月 104.81 108.03 106.43 0.6%
11月 102.43 106.43 103.99 -1.7%
12月 102.93 106.07 104.50 -1.2%
2022年
1月 102.90 106.04 104.47 -1.3%
2月 99.99 104.47 101.51 -4.1%
3月 100.40 103.46 101.93 -3.7%
4月 100.02 103.06 101.54 -4.0%
5月 101.54 105.47 103.91 -1.8%
6月 99.28 103.91 100.79 -4.8%
7月 99.80 102.84 101.32 -4.3%
8月 99.12 102.14 100.63 -4.9%
9月 100.63 104.63 103.08 -2.6%



最低 最高 終値 総変更%
2022年 継続
10月 100.80 103.86 102.33 -3.3%
11月 101.86 104.96 103.41 -2.3%
12月 103.41 106.80 105.22 -0.6%
2023年
1月 103.18 106.32 104.75 -1.0%
2月 104.75 109.34 107.72 1.8%
3月 105.72 108.94 107.33 1.4%
4月 103.23 107.33 104.80 -1.0%
5月 100.14 104.80 101.66 -3.9%
6月 100.17 103.23 101.70 -3.9%
7月 99.29 102.31 100.80 -4.7%
8月 100.35 103.41 101.88 -3.7%
9月 101.88 105.71 104.15 -1.6%
10月 102.33 105.45 103.89 -1.8%
11月 100.41 103.89 101.94 -3.7%
12月 101.82 104.92 103.37 -2.3%
2024年
1月 101.29 104.37 102.83 -2.8%
2月 101.29 104.37 102.83 -2.8%
3月 99.93 102.97 101.45 -4.1%
4月 100.04 103.08 101.56 -4.0%
5月 97.03 101.56 98.51 -6.9%
6月 98.51 102.11 100.60 -4.9%
7月 100.60 105.17 103.62 -2.1%
8月 103.62 108.33 106.73 0.9%
9月 103.00 106.73 104.57 -1.2%
10月 104.38 107.56 105.97 0.1%



2020年9月のドル円見通し。当月始値 105.82、最低 103.94、当月最高 107.84。平均 105.96。月末 106.25。変更 0.4%。

2020年10月のドル円予想。当月始値 106.25、最低 103.08、当月最高 108.49。平均 106.17。月末 106.87。変更 0.6%。

2020年11月のドル円見通し。当月始値 106.87、最低 105.26、当月最高 108.46。平均 106.86。月末 106.86。変更 0.0%。

2020年12月のドル円予想。当月始値 106.86、最低 103.21、当月最高 106.86。平均 105.43。月末 104.78。変更 -1.9%。

日経 平均 予想 2020、2021、2022。

ポンド 円 予想 2020、2021、2022-2024。

2021年1月のドル円見通し。当月始値 104.78、最低 103.40、当月最高 106.54。平均 104.92。月末 104.97。変更 0.2%。

2021年2月のドル円予想。当月始値 104.97、最低 104.04、当月最高 107.20。平均 105.46。月末 105.62。変更 0.6%。

2021年3月のドル円見通し。当月始値 105.62、最低 103.63、当月最高 106.79。平均 105.31。月末 105.21。変更 -0.4%。

2021年4月のドル円予想。当月始値 105.21、最低 103.10、当月最高 106.24。平均 104.81。月末 104.67。変更 -0.5%。

2021年5月のドル円見通し。当月始値 104.67、最低 102.81、当月最高 105.95。平均 104.45。月末 104.38。変更 -0.3%。

2021年6月のドル円予想。当月始値 104.38、最低 102.50、当月最高 105.62。平均 104.14。月末 104.06。変更 -0.3%。

2021年7月のドル円見通し。当月始値 104.06、最低 101.76、当月最高 104.86。平均 103.50。月末 103.31。変更 -0.7%。

2021年8月のドル円予想。当月始値 103.31、最低 103.14、当月最高 106.28。平均 104.36。月末 104.71。変更 1.4%。

2021年9月のドル円見通し。当月始値 104.71、最低 103.24、当月最高 106.38。平均 104.79。月末 104.81。変更 0.1%。

ドル対日本円における為替レートの推移

通貨取引には、様々な要因が複雑に絡みあっています。各国ごとの数値を比較し、その通貨に影響を与えているとされる、通貨以外の別の要因に目を向ける必要があります。過去30年間のドル対円相場の動きほど、複雑なものはありませ ん。

金利の変動

金利が高いほど通貨は強くなります。金利が高いと、外国人投資家は、その国に投資することで高いリターンを得られます。日本は歴史的にも、金利の低い国です。1972年から2020年までの日本の金利は平均2.71%、一方で米国の平 均金利は、それより僅かに高い5.59%となっています。

このように米国通貨は常に強いポジションを維持しており、周期的な金利変動が起きるたびに、両国の為替レートにも影響を及ぼしています。

安定性

政治情勢が安定している政府は、多くの投資家を惹きつけるため、その国の通貨は強くなります。米国と日本は、どちらも政治的に安定しています。両国にみられる僅かな為替レート変動の違いは、経済の安定性に関係しています。世界の貿易 は米ドルで取引されており、これが米ドルが日本円よりも優位となる要因です。

その一方で、様々なリスクやマーケット変動に伴い、ドルに対する優劣も変わります。円はドルよりも安全だと考えられています。

経済成長

より強い経済が、より強い通貨に結びつきます。自国の通貨を強くしたい政府は、雇用創出、投資拡大、輸出増加などの政策を打ち出します。先に示した曲線は、両国の定期的な経済成長に伴う、米ドルと日本円の推移を表したものです。

日本経済はかつて、かなり繁栄していました。1990年に不動産市場と株式市場が崩壊するまで、経済成長は続きました。そこから現在に至るまで、その間の経済成長率は僅か約2%にとどまっています。

過去数年間に、日本で最も高い成長率は2017年の2.5%、現在の成長率は-1.7%となっています。同時期の米国と比較すると、米国は1990年1.89%、ピーク時の1999年には4.75%、現在は2.1%と、大きな変動はある ものの高い成長率となっています。

インフレ率の変動

インフレ率が高くなると、外国為替市場での通貨は弱くなります。1990年のインフレ率は、日本は3.08%、米国は5.40%でした。その年のドル対円相場は、年末までに1ドル160円から135円にまで下落しています。2000年のインフ レ率は日本は-0.68%、米国では3.4%と、ドル対円相場は107.8円にまで下がっています。

10年後の2010年、日本のインフレ率は0.72%まで上昇しましたが、米国は1.64%にまで下がっています。ドル/円相場は1ドル87.78円まで下落しました。現在のインフレ率は、日本0.23%、米国0.62%、ドル/円相場は 107円となっています。このことから言えることは、インフレ率は為替レートに影響を与えるものの、それ以外の様々な要因も関係していることを明らかにしています。

輸出入の動向

輸出額が輸入額を下回ると、その国の通貨は弱くなります。これは貿易赤字と呼ばれ、中国のように自国通貨を強くし「仕事を家に持ち帰る」国と米国との間で、近年繰り広げられている貿易戦争の原因となっています。日本は自動車、工業用 品、その他関連部品など、アメリカへの輸出量を増やしています。現在、日本の対米貿易収支は685億ドルの黒字、サービス収支は105億ドルの赤字となっています。2010年、米国と日本の貿易収支が600億ドルの赤字だったとき、ドル/円は 87.78円でした。

対外債務状況の変化

ほとんどの国家は赤字で運営しています。けれども、対外債務が増えると、投資家に懸念を与えます。莫大な対外債務と公的債務がインフレを加速させています。過去20〜30年間のドル/円相場の変動は、両国のうち、どちらかが借入を増や したか、あるいは赤字予算を削減したことに起因しています。

米国は、世界で最も多くの対外債務を抱えています。2020年には、財政赤字が3.8兆ドルに達するのではないか、と言われています。この米国債務のほとんどを所有しているのが、日本と中国です。日本も自国の対外債務を抱えており、現 在では5.4兆にまでのぼっています。

結論

過去のチャートは、両国の通貨は、過去20〜30年前まで、ほぼ安定した為替レートだったことを示しています。僅かにみられる変動は、米国と日本間の金利、経済成長率、貿易収支の変動によるものでした。